RO水サーバー

RO水とは?

 RO水とは、別名ピュアウォーターとも呼ばれ、逆浸透膜(RO膜)でつくられた水のことをいいます。RO水は、人工的に作られるので低価格になっている傾向があります。不純物の含まれていないRO水を飲むことは、体に良く、また、赤ちゃんのミルクなどにも使えるのでとても便利です。

おすすめのウォーターサーバー

 天然水を宅配している会社は数多くあるのですがRO水を宅配している会社はそれほどありません。その中でもメジャーなところといえば、ウォーターサーバー業界でもナンバー1のシェアと知名度を誇る「アクアクララ」「クリクラ」、あとは関東圏で強い「アルピナウォーター」「ハワイウォーター」、天然水とRO水の両方を宅配している「ワンウェイウォーター」が挙げられます。もしRO水サーバーでお探しなら、この5社の中から選べば間違いはないと思います。

 それでは、次にこの5社の中からどう選べばいいかということですがそれぞれお客様の状態や好みによって変わってきます。まず真っ先に選ぶのは、ミネラルが入っているかどうかです。アクアクララ・クリクラ・ワンウェイウォーターは、RO膜を通した後、独自の製法でミネラルを加えています。この時点でピュアウォーターではありません。ハワイウォーターやアルピナウォーターは、ミネラルも入っていないので、ピュアウォーターです。

 ミネラルが入っているほうがいいという方は、どれを選ぶかということですがアクアクララは毎月、サーバーのレンタル料金がかかります。クリクラは、無料です。しかし、クリクラは年間のメンテナンス料金が5千円ほどかかります。水の料金は変わらないので、価格だけを見るとクリクラのほうがお得です。しかし、アクアクララは、妊婦さんや赤ちゃんがいる家庭には、「ベビアクアプラン」といって特別なプランがありますし、その他、キャンペーンなどもよくやっているので、当サイトでは、アクアクララをおすすめします。ただ赤ちゃんが成長した後、ミネラル豊富な天然水に変えたいと思われてるなら、両方を宅配しているワンウェイウォーターがおすすめです。

 アルピナやハワイアンウォーターなど、ミネラルが入っていないピュアウォーターを選ぶ方には、赤ちゃんの調乳に気を使ってらっしゃる方が多いようです。売られてるミルクは、水道水で作るように栄養素を考えてあるため、ミネラルが多いと赤ちゃんには負担となっています。しかし、日本の水はどれも軟水なので、普通の天然水でも問題ないようです。では、アルピナとハワイはどちらがいいのかということですがアルピナの原水は北アルプスの天然水です。なので日本の大自然が作り上げた水がいいと思うかたは、アルピナにするといいと思います。ハワイウォーターを選ばれる方は、放射性物質を気にしてる方が多く、日本の水は怖いということで、ハワイの水を選ばれる方が多いようです。

 おすすめの選び方は、アルピナとハワイウォーターの宅配区域であれば、この2つのどちらかを。そうでなければアクアクララかワンウェイウォーターを。赤ちゃんや妊婦さんがいらっしゃるなら、アクアクララを選ぶのが良いと思います。

ウォーターサーバー レンタル料金 宅配区域 水の料金
アクアクララ 1,050円/月
1,575円/月
全国 1,260円(12リットル)
クリクラ 無料 全国
アルピナウォーター 600円/月 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・愛知・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山 995円(12リットル)
ハワイウォーター 600円/月 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木 約20リットルで2,205円